topimage

2008-01

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誤飲! - 2008.01.10 Thu

昨日の夜の事です。
れんが娘の頭から髪をくくっていたゴムを取りました。
まぁ、いつもの事なんですけどね・・・。

『へへ、追いかけてよー
って感じでゴムを咥えたまま私の前をチョロチョロしてから
ダッシュで逃げました。
私もいつものように追いかけます。
テーブルの周りをクルクル逃げます。
なかなか捕まりません。
れんは楽しい追いかけっこをしてるつもりです。

追い詰めたと思ってれんの顔を見ると・・・。
口にはゴムが無かったのです。
そこらじゅう探しました。
でも無いのです
普通のゴムより周りにフワフワしたものが付いていて太いんです。
こんな物飲み込むはずがないと思ってました。
私は顔面蒼白です・・・。でもれんはピョンピョン跳ねてます。

時間は9時15分。かかりつけの病院はとっくに閉まってる・・・。
一応電話をしてみたら夜間救急動物病院の電話番号がアナウンスで流れてました。
そっちへ電話して少し遠いけど車を走らせました

綺麗な病院でたくさんのスタッフが居て、とても親切に対応。
若いドクターも丁寧に説明してくれました。
まずレントゲンを撮って胃の中を見せてもらったけどゴム製品は写りません。
『このゴム(同じゴムを持っていってたので)の大きさだとこの子の細い腸を通って便と一緒出てくるのは難しいです。』
と言われました。
そりゃそうですよね。私もそう思います

フードを食べてから時間が経ってたので胃の中はかなり消化されてます。
なのでフードを食べさせてから薬を飲ませてフードとゴムを一緒に吐かせる方法をとると言われました。
うまくいかない場合は全身麻酔をかけて内視鏡で取るか、最悪は開腹手術だと説明されました。

待合室で祈るしかなかったです・・・
その間もどんどん電話がかかってきて
次々とワンちゃんやネコちゃんが来院してきます。
たぶん20分くらいだったと思うんですけど
すごくすごーーく長く感じました。

若いドクターが手にゴムを持って出てきました。
「これですよね? 無事に出てきましたよ。」
あぁ・・・・ 神様!ありがとうございます。
思わず涙がこぼれました

背中に点滴した液体が半日くらいかかって体中に吸収されるということで
こんもりとした大きなコブを作って
口のまわりは吐いた物が少し残ってて
そんな可哀想な姿で看護士さんに抱かれてれんが出てきました。
こんな目にあわせてごめんね。
苦しかったでしょう、怖かったよね・・・って 
ぎゅうって抱きしめました。

かかりつけの病院に報告書を作成してくれて
撮ったレントゲンもお持ち帰りです。
今度かかりつけの病院に行く時に忘れずに持っていかなきゃね。
夜間という事で治療代もお高かったです。
でも命にはかえられない。
躊躇して様子みてて手遅れになっちゃったら・・・。
そう思うと即行で連れていって良かったです。

家に着いたら12時過ぎてました。
私も家族もれんもヘトヘト。
いつも朝から元気なれんも今朝はすごーく眠そうでした。
早くお昼休みにならないかしら。
れんの顔が見たいです


スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

*Fuuのプロフィール*

Fuu

Author:Fuu
兵庫県在住の働く主婦です。
何があっても「なんとかなるさ」
と楽天的に考えるようにしてます。

会社のお昼休みにれんに会いたくて
バイクを飛ばして帰るのが日課です。

どうぞよろしくです('-'*)

*れんのプロフィール*

ヨーキー♂体重3.0㌔前後 Uo・ェ・oU

*Flashカレンダー*

*カウンター*

*最近の記事*

*カテゴリー+月間アーカイブ*

 

*メールフォーム*

Fuuに連絡取りたい場合はコチラまで

*リンク*

*大好きなブログ*

*コメントありがとう♪*

*ぽちっと押してね♪*

*ブログ内検索*

*ペット人間化メーカー*

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。